芦花公園 名倉堂接骨院解体新書

診療時間

京王線芦花公園駅を挟んで南と北にある2つの接骨院のご案内です。

トップページ > ほねつぎ豆知識

ほねつぎ豆知識

肩こり

有名な話ですが、“肩こり”という日本語に該当する英語は無いそうです。
これは、肩こりが日本人特有の症状であることを示す代表的な例でしょう。

そもそも、肩こりとはどんな症状かというと、医学的にはきちんとした定義はありませんので、一般的な認識である、首・肩の筋肉に慢性的に疲労が蓄積した状態と言った所が正解なのでしょう。

肩こりに悩まされた場合も、腰痛の時と同様に急性の痛みなのか慢性の痛みなのかの見極めが大切になります。

ご家庭では、急に出てきた症状は冷やして安静にして冷湿布を貼って炎症を抑える。
逆に、ずっと悩まされている症状の場合は、温めて適度な運動をして温湿布で血行を促進するという対応が基本になりますが、この見極めはなかなか難しいので、悩んだときはお電話でご相談ください。

ところで『肩こりに悩まされたときは、名倉で治してもらえるの?』とか『保険で診療できるのですか?』といった相談をよくいただくのですが、私の答は『申し訳ありませんが、診てみないとわかりません。』となってしまいます。

何故かというと、肩こりが単なる疲労の蓄積や運動不足によるものなのか?それとも、頸部や背部の関節や筋肉などを傷めて、その影響で肩こりの症状が誘発されているのか?それによって治療できるか否かが決まるからです。

前者は保険治療の対象にはならないでしょう。当院では、十分な睡眠や運動などの生活習慣の見直しを指導して、治療を行わないことも予想されます。

後者の場合、十分な徒手検査や画像検査(協力病院に撮影を依頼します)を行い、治療して回復する原因や病態が見つかった場合は、保険で治療が行えます。
交通事故や転倒してむち打ち症になった場合に肩こりに悩まされることが多くありますが、これなど正に保険で治療できる症状の代表でしょう。

現在、保険医療機関に治療費に支払いをする各保険者の財政状況がひっ迫する中、“肩こりは保険が使えません”との啓蒙活動が盛んに行われています。
しかし、肩こりは様々な損傷により誘発される症状でもありますので、本当につらい時はお気軽にご相談ください。

腰痛
院長写真

こういう患者さんが多勢います。

『急に腰が痛くなったから、お風呂に入って温めました。』

どう思いますか?私はこうたずねます。
『足首を捻った時はお風呂で温めますか?』
するとたいていの人は
『いやいや、冷やします。そのくらいは知っていますよ。』
そこで私はこう答えます。
『ケガをした時は足でも手でも冷やしますよね。何で腰だけ特別なの?腰も同じです。急に痛くなったときは炎症を起こしている事が多いので、不用意に温め無い方が良い。先ずは氷嚢(ひょうのう)や冷却材等を用いてしばらく冷やすことが正解何です。』と。

院長写真

一概に言い切れないところもありますが、腰でもどこでも急に痛み出したときは冷して様子を見たほうが無難です。不用意にお風呂に入った為に悪化してしまったと言うケースが本当に多いいのです。

私は当院に掛かった人全員に初期手当を覚えてもらいたいと思っています。そして自分だけではなく家族や大切な人がケガをした時に、正しい初期手当をしてあげることで、少しでも安心させてあげてほしいと願っています。


トップページ
小さな接骨院のお話
治療方針
交通事故でけがをした場合
基本治療紹介
Q&A
ほねつぎまめ知識
スタッフ通信
公益社団法人紹介
骨接ぎの歴史
交通のご案内
スタッフ募集
リンク集
院長日記
お問い合わせ
北口本院 電話03-5313-1522
メールでのお問い合せ
南口 電話03-3305-5046
メールでのお問い合せ

トップページ | 小さな接骨院のお話 | 治療方針 | 交通事故でけがをした場合 | 基本治療紹介 | Q&A | 骨接ぎ豆知識
スタッフ通信 | 公益社団法人紹介 | 骨接ぎの歴史 | 交通のご案内 | スタッフ募集 | リンク集 | 院長日記
Copyright(c) NAGURA-DO All Rights Reserved.